みんなのクラスTシャツ

クラスTシャツの作り方は?注文までの流れをプロが解説!

みんクラ編集部
みんクラ編集部
クラスTシャツの作り方は?注文までの流れをプロが解説!

クラスTシャツををはじめて作る場合、何から手をつけたらいいかわからなくてお困りでないでしょうか?

ネットでクラスTシャツの作り方を検索しても、色々なショップの作り方がたくさんあって、正直どうやって作ればよいか?ごちゃごちゃしてわかりにくいです。

そこで、クラスTシャツを販売して15年一筋であるみんクラ編集長が、クラスTシャツの作り方をわかりやすく整理しました!

この記事を読むと、クラスTシャツの作り方の大きな流れ、制作にあたって抑えておきたいポイントを知ることができます。

丁寧な解説を心がけた結果、記事が少し長くなってしまったので、ここだけは抑えておきたいポイントと全体の流れを先にお伝えしておきます!

クラスTシャツの作り方で押させておきたいポイントは以下の2つです。

  1. スケジュールに余裕を持って進めること
  2. 必ず複数ショップで相見積もりを取ること

クラスTシャツ制作の全体の流れは下記4つのステップです。

  1. どんなクラスTシャツを作りたいか?をみんなと相談
  2. 作りたいクラスTシャツのデザインを決める
  3. 複数のショップに相見積もりを取る
  4. 安くて信用できるショップに注文する

なお、この記事を読むとこんな悩みが解消します。

  • いつまでに注文すれば間に合うの?
  • どれくらいの値段で作れるの?
  • デザインってどうやって決めるの?
  • どうやって注文すればいいの?

予算内で希望のデザインを満足のいく仕上がりで作るコツを伝授しますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

クラTをせっかく作るなら、1円でもお得に満足のいく仕上がりで作って欲しいなぁという思いでこの記事を書きました。

この記事を読めば、世界一可愛いクラスTシャツを作成できること間違いなしです!

↓ 時間がない方は記事をジャンプ(丁寧に解説しているので少し文章が長くなってしまいました。。) ↓

ここだけは抑えておきたい!作り方のポイント

まずは、ここだけは絶対に抑えておいて頂きたい、クラスTシャツを作るポイントをお伝えします!

クラスTシャツを作るポイントは以下の2つです。

  1. スケジュールに余裕を持って進めること
  2. 必ず複数ショップで相見積もりを取ること

それぞれ詳細について解説します。

ポイント① スケジュールに余裕を持って進めること

クラスTシャツ制作するにあたり、*一番大切なのが「納期」*です。

注文したクラスTシャツが使用日までに届かないと元も子もありません。

なので、納期の確認はしっかりと行いましょう。

クラTショップに納期の確認をする際は、下記のように確認するのがおすすめです。

(例)

○○県からの注文で、〇月〇日に使用予定です。
間に合うように注文するにはいつまでに注文すればよいでしょうか?

クラTショップに伝える使用日は余裕を持つことが大切です。

トラブルで遅くなってしまっても取り返しがつくように、実際に使用する3~5日前をお伝えするのがおすすめです。

② 必ず複数ショップで相見積もりを取ること

クラTショップは同じ商品を取り扱っているケースがほとんどですが、販売価格は各ショップで様々です。

ショップごとに割引条件が異なったり、納期ごとの金額が異なったりと、条件によって見積もりが大きく変わるからです。

そのため同じ注文内容でも、相見積もりを取ることでより安く購入できる可能性が高まります

クラスTシャツ制作の流れ

冒頭でもお伝えしましたが、クラスTシャツ制作の全体の流れは下記4つのステップです。

  1. どんなクラスTシャツを作りたいか?をみんなと相談
  2. 作りたいクラスTシャツのデザインを探す
  3. 複数のショップに相見積もりを取る
  4. 安くて信用できるショップに注文する

各ステップで、具体的にどのような作業が必要か?丁寧に解説していきます。

1. どんなクラスTシャツを作りたいか?をみんなと相談

クラスTシャツの金額は、作りたいクラスTシャツの種類によってほぼほぼ決まります。

  • オリジナルTシャツ: 700円〜2,500円程度(プリントの種類や箇所で上下)
  • ポロシャツ: 1,000円〜2,500円程度(プリントの種類や箇所で上下)
  • 長袖・ロングTシャツ: 1,000円〜2,500円程度(プリントの種類や箇所で上下)
  • サッカーユニフォーム: 2,000〜3,000円程度
  • バスケユニフォーム: 2,000~〜,500円程度
  • 野球ユニフォーム: 2,000〜2,500円程度
  • ビブス: 2,000〜2,500円程度

なので、まずはどんな種類のクラスTシャツを作りたいか?クラスのみんなで決めましょう。

予算感をすり合わせることがこのステップのゴールです。

2. 作りたいクラスTシャツのデザインを決める

ステップ1で種類が決まったら、作りたいデザインイメージを探しましょう。

デザインの決め方は大きく3つあります。

  • インスタグラムなどのSNSから探す
  • イラストツールを使って手書きで書く
  • 各社が用意するデザインテンプレートから選ぶ

スマホでスクリーンショットを取りながら候補をためていき、ここをもっとこうしたい!みたいなアレンジを加えていくのがおすすめです!

3. 複数のショップに相見積もりを取る

1円でも安く信用できるショップを見つけるために、複数のショップに相見積もりを取りましょう。

相見積もりの前に決めておくことは下記5点です。

  • 金額の予算感が決まっていること
  • 希望納期(到着して欲しい日付)が決まっていること
  • Tシャツの種類とカラーが決まっていること
  • デザインのイメージが決まっていること
  • 必要な枚数とサイズが決まっていること(先生の分を購入するかどうかも含む)

できれば3社相見積もりを取れるとGoodです!

みんクラを使えば、たったの60秒のみんクラがおすすめするショップに見積もり依頼ができます!

みんクラおすすめのショップに見積り依頼する

4. 安くて信用できるショップに注文する

相見積もりを依頼するとだいたい翌日までには概算の見積もり情報を得ることができます。

どうしてももっと安くしたい場合は、この段階で各ショップに交渉してみるのがよいでしょう。

見積りのやりとりしている中で信頼できる業者を見つけて、デザインの詳細などを詰めていきましょう。

また、ご注文を確定する前に必ず確認してほしい点は下記です。

  1. 注文したデザインがしっかり伝わっているのか確認する。完成イメージなどの案内があるのかどうか。
  2. メールやSNSなどで事前にお見積りの案内があるのか。
  3. 信頼できる言葉遣いや対応を行ってもらえているのか。
  4. 会社の情報や電話番号など必要な情報が確認できるか。

クラスTシャツの作り方まとめ

クラスTシャツはクラスの代表の方が率先して作成することが多いかと思います。

そのため不安なこともあるかと思いますが、まずは良いクラスTシャツショップに出会うことが大切です。

クラTショップとのやり取りを重ねていく中で、プロの意見をしっかりと聞いて、自分の意見もしっかりと伝えてください。

相見積りをとり、一番信頼できるショップをクラスの皆様と話し合い、安く高品質な満足のいくクラスTシャツを作成できることを願っております。

高校生の青春真っ盛りの貴重なイベントが最高になるように、今回の記事が少しでも役に立てれば幸いです。

\ みんクラ限定クーポンでお得に購入 /

クラT制作完全ガイド